photo

2017.08.12

老後の資金ってどれだけ必要なの?おひとり様のお金事情

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • LINEで送る

一人で生きていくと決めたおひとり様…しかしアラフォー世代に突入し、急に老後のことが気にかかったりしませんか?老後にひとりでも生きていくためには、いったいいくらの資金が必要なのでしょうか。気になる金額もチェックしながら、老後の自分のための貯金方法などをご紹介していきますよ。

おひとり様の老後の資金…


 

 

社会で活躍する女性がたくさんいる今のご時世、「一人の方が気楽」「誰かと人生を送るのは性に合わない」など、あえて生涯独身を貫くという選択もありますよね。

そんな、おひとり様の選択をしたアラフォーの皆様の気になるところといえば、老後の資金はいったいいくら必要なのか、ということではありませんか?

 

おひとり様であれば、誰かを養う必要もないし、子どもを立派に育て上げる義務もありません。教育費など、人にかかる資金はすべて自分に使えるということですが、あればある分使ってしまう傾向があるようです。

 

しかし、貯金もないまま過ごしていると、体調を崩したりして働けなくなってしまったら、大変なことになりますよね。今のうちから老後のことも視野に入れて、老後の資金を貯めていきましょう。

 

退職後から寿命まで


 

 

平成27年に発表された日本人女性の平均寿命は86歳を超えていました。

定年を迎えてから平均寿命まで生きるとして、25年ほどを過ごすことになります。かかる費用はおよそ5000万円!支給される年金や退職金などを考えても、2000万ほど貯金があるともしものことがあっても困らないですよね。

年金もいつから支給されることになるか分からないこのご時世ですから、自分で貯金をしておいた方が不安になることもないですよ。

 

受け取れる年金は人によってそれぞれですが、だいたい月10~15万程度だそうです。非正規雇用だと、厚生年金を受け取れない場合もあるのだそうです。

とても不安に感じるかもしれませんが、これが現実なのです。

 

では、その不安を解消するために、生活を見直して貯金を始めていきましょう!

 

2000万円貯めるために


 

 

アラフォー世代から定年までに2000万円貯めるなんて無理なんじゃ…と思っている人もたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、40歳から60歳までの20年間、240か月で2000万円。

1か月に換算すると、8~9万円貯めると2000万円に追いつきます。

 

40代からはスキルもキャリアもアップし、収入が大きく増える傾向があるので、しっかりと着実に貯めていきたいところですね。

1か月に9万円を貯金に回すのはなかなかやりくりするのが大変そうに思われますが、節約すればなんとかなりそうではありませんか?

 

40歳よりも早くから貯金を始めれば、月々に貯めるお金はより少なくて済むのです。

早ければ早いほどいいので、老後のことを何も考えていなかったことに気付いた今からさっそく取り掛かってみましょう!

 

おひとり様は、いくら自分のためだけにお金が使えるといっても、税金などをたくさん払わなければならないのも悩みのひとつですよね。毎月飛んでいくお金は数知れず…

 

老後、せめて住むところだけでも確保されていれば、それだけでも安心です。

ですので、マンションや家を買うことを目標にするのもいいかもしれません。

一人分の住居スペースが確保されればいいので、そこまで部屋がたくさんある間取りでなくてもいいはずです、

老後の自分のために投資して、快適に暮らせる部屋を手に入れるのも素敵な夢ですね。一人だってマイホームは夢ですもの!

 

 

いかがでしたでしょうか。悩めるアラフォー独身世代の方々の、気になる老後の費用についてご紹介しました。

老後のことを気にかけていた方もいれば、全く気にしていなかった方もいるのではないでしょうか。実は、老後の生活をどうするか全く考えていないという人がとても多いということが、ネットでは言われていたのです。

自分の身は最後まで自分がめんどうをみるときめた、おひとり様のみなさま。

老後の自分が安心して生活できるように、今のうちから貯金をコツコツ初めていきましょう!

  • 夢色バンビ
  • 夢色バンビ

    プチプラコスメもデパコスも大好きです♡趣味は手作りでアクセサリーを作ることです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • Share on Google+
  • LINEで送る

ランキングの続きをもっと見る
ランキングの続きをもっと見る

この記事に関するタグ

この記事に関連する記事